今なぜ太陽光発電利用なのか?

現在日本は、石油・石炭等のエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っています。このような化石燃料は、使い続ければいずれなくなってしてしまいます。
太陽光発電は、《太陽電池》と呼ばれる装置を使って、太陽の光エネルギーを直接電気に変換するシステムです。


枯渇する事のないエネルギー利用。まさに資源問題の救世主です。又、発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)の排出もなく大変クリーンなエネルギーです。


エネルギー源の確保が簡単で、地球にも優しく、太陽光があれば発電することができるので災害時にも大活躍です。それに、なんと言っても節約を生むシステムです。日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国ですので、利用の増加が期待されています。特に現在システム設置に関しまして、国・県からのシステム設置費補助金が出されており、それに伴って設置工事費金額の条件も定められていますので、より設備し易い環境が整っております。