オール電化と併用した場合の利点

太陽光発電+オール電化で賢く省エネ!!

電力単位の安い夜間電力で給湯費などを高い昼間の電力を電力を太陽光で発電し、余剰電力は売電する為、ガス併用住宅に比べて年間18.2万円の光熱費をコストダウンできます。(メーカー資料参照)

時間帯にあわせた電気の上手な使い方!

電力会社は夜でも発電を止めることができないうえに、電気をためておくこともできません。
そこで各電力会社では、夜間や朝晩の時間帯に移して電気を使用してもらうためのお得なメニューを用意しています。その一つが「やりくりナイト」です。

 

 

■時間帯別電灯A 『やりくりナイト8』
「夜11時から翌朝7時まで」の夜間時間帯(8時間)の電気を上手に利用する料金メニューです。
昼間時間 午前 7時から午後11時まで 26円75銭
夜間時間 午後11時から翌日午前7時まで   8円41銭

 


 

■時間帯別電灯B 『やりくりナイト10』
「夜10時から翌朝8時まで」の夜間時間帯(10時間)の電気を上手に利用する料金メニューです。
昼間時間 午前 8時から午後10時まで 29円65銭
夜間時間 午後11時から翌日午前8時まで  8円58銭

 


「やりくりナイト」を選択することによって、通常の約3分の1の電気料金に抑えることができます。
「やりくりナイト」は、エコキュートなどの夜間蓄熱式機器をご使用のお客様にもご利用できるメニューですので、IHクッキングヒーターなど、さらにキッチンも電化をお使いという方におすすめのメニューです。「やりくりナイト」とオール電化は、とても相性抜群です!

こんなにお得になります!

◎太陽光発電+オール電化(エコキュート+IHクッキングヒーター)を組み合わせることによって、こんなに節約できます!

現在 年間の電気料金が約109,441円、ガス料金が約208,495円として・・・

 

導入前

導入後

差額

電気料金

109,441円

126,406円

+16,965円

ガス料金

208,495円

0円

−208,495円

売電料金

−37,213円

−37,213円

合  計

317,936円

89,193円

−228,744円

年間 計228,743円の光熱費の削減になります!

月々だと平均19,061円の節約の節約になるということになります。

 


 

≪前の記事へ≫ → D発電のしくみと売電について

≪次の記事へ≫ → Fとくに知りたいQ&A